Sophie’s blog -Tennessee生活-

2019年12月~、ひょんなことからアメリカ南部のテネシー州に住むことに/研究者の旦那さんと楽しみながらアメリカ生活に役立つ情報発信中!

“Sophie’s

想像以上に見ごたえがあったテネシー州立博物館

こんにちは!

 

本日は昨日のおでかけの続きで、ナッシュビルのテネシー州立博物館についてです。想像以上に見ごたえがあり、時間が足りなくなるくらいの満足感でした。もともと博物館とか、科学館とかが夫婦して好きなので日本にいるときも良く行ってました。

(家の近くにあった上野の科博が大好き!)

もし、同じように歴史とか博物館とか好きな方はナッシュビル観光に行かれる際、旅程に入れてみることをお勧めいたします!

 

テネシー州立博物館とは

Tennessee State Museumは州都であるナッシュビルにあります。文字通り、テネシー州の歴史の展示をしているテネシー最大の博物館です。アメリカ大陸形成までさかのぼり、氷河期に現在のテネシーに移ってきたFirst peopleたちの文化、南北戦争時の資料、奴隷制度についての展示、そして現在のテネシーの文化など多岐にわたっています。

 

 

行かれる際は車の方がほとんどかと思いますが、しっかり敷地内に広めの駐車場があるので安心ください。HPにも書いてありました。私たちは、駐車場はないものと決め込み、近くの公園の無料駐車場を利用して、雨の中散歩をする羽目となりました。素敵な公園でした。

f:id:Sophiemardi:20200922114931j:plain

散歩できたので良しとします

 

 到着すると噴水があり、非常にきれいな印象を受けました。1937年にオープンということでしたが、おそらく何回か移転しているんでしょうね。とても新しく大きな建物でした。中に入ってみると吹き抜け構造で、上の階の屋外の廊下が見ててとても気持ちのいい空間です。その廊下ではロッキングチェアに座って、みなさんくつろいでいました。

f:id:Sophiemardi:20200922111503j:plain

この日の写真全部天気悪い!

 

1階中央の受付カウンターにて体調の確認と体温チェックをしてもらいます。パンフレットを受け取り、2階が主な展示コーナーということで階段で向かいます。1階にも入口すぐに、子供向けの展示スペースがあるようでした。

 

2階に上がり、暗めの扉を開けると展示スペースです。一応順路があるようなのですが、指示がないので好き勝手に見ていました。ただきちんと順番にみていきたいという方は、パンフレットを頼りに進んでいくことをお勧めします。

 

最初はアメリカ大陸がまだ形成される前の状況から映像展示が始まります。めちゃ本格的です。テネシーの祖先たちがこの地に根をはり、今までこの文明社会を築いた流れが映し出されます。そこからスタートして、タイムトンネルという展示があり、先に進むにつれ、時代が進みすべてを見るとなんとなくテネシーの歴史が頭に入っているという構造です。

 

印象的な展示

展示はあまり写真を撮っていないのですが、(完全に見るのに集中していて忘れました)特に印象的だったのは、原爆と奴隷制度にまつわる展示でした。

f:id:Sophiemardi:20200922111623j:plain

地図にも載っていなかった街が東テネシーにあります

実は日本の広島に落とされた原爆は、テネシーのオークリッジという街で作られました。マンハッタン計画の極秘計画として、この街が選ばれ住民も何を作っているかわからないまま、作業は進められたと言います。実はこの街のすぐ近くに住んでいて、原子力関連の小さなミュージアムにも行ったことがありました。 今でもオークリッジ国立研究所があり、ついこの間日本のスパコン富岳に惜しくも敗れてしまった世界で二番目の計算速度を誇るスパコンSummitがあることでも有名です。現在では、広島との友好関係の象徴となる鐘がある公園があったりなど、日本とも関連深い街です。テネシーに住む日本人として、知っておかなければならないことだと思っていたので、この展示コーナーは印象深かったです。

 

奴隷制度に関しても、館内何箇所かに渡って当時の歴史背景や、奴隷制度の中にいた人々の生活の詳細を知ることができ、興味深かったです。テネシーの多くの白人は、奴隷制度には実は難色を示していて、本当に少数の家庭にのみ奴隷制度が残っていたということや、黒人の方々が奴隷制度から逃げ、解放を求めて目指す街があったということなどまだまだ知らないこともたくさんありました。現在にまでアメリカに色濃く残る人種差別。こんな昔から同じことを繰り返している、その事実に虚しさも覚えました。

 

f:id:Sophiemardi:20200922113646j:plain

 

 

おそらく3時間ほど滞在していたかと思います。そのくらい見応えがあって、本当に勉強になりました。せっかく住むのであれば、テネシーのことをもっと知りたいと思っていたので、うってつけの場所でした。

 

アメリカ南部の歴史や、南北戦争、浅いようで深いようで浅い?アメリカ史を学ぶことのできる場所なので、気になった方はぜひ立ち寄ってみてくださいね。

大事なこと言い忘れていたんですが、入館料は無料です!

 

▶︎Tennessee State Museum

1000 Rosa L Parks Blvd, Nashville, TN 37208

 

本日も読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村