Sophie’s blog -Tennessee生活-

Sophie’s blog -Tennessee生活-

2019年12月~、ひょんなことからアメリカ南部のテネシー州に住むことに/研究者の旦那さんと楽しみながらアメリカ生活に役立つ情報発信中!

“Sophie’s

【フォレスト・ガンプが走った道】モニュメントバレーで朝日ラン!〜2020年12月〜

皆さん、こんにちは!

 

ブライスキャニオンで感動した私たちは、後ろ髪を引かれつつ次の目的地に急ぎました。なんせ、この旅で最長の移動距離の予定だったので!宿も取ってあるのでたどり着かないわけにはいきません〜!

前回の記事はこちら

sophiemardi.hatenablog.com

いざ、カヤンタへ!

私たちが次に向かうのは、モニュメントバレーを訪れる方の拠点になることも多いアリゾナ州のカヤンタという小さな町です。

町の中心にあるカヤンタモニュメントバレーインが今回のお宿です。

www.kayentamonumentvalleyinn.com

さて、無事にたどり着けるのか。

ブライスキャニオンを16時近くに出発し、約4時間のドライブです。拠点にしたカナブにも一瞬ただいまを言いつつあっけなく通過。ページという街につく頃には辺りは真っ暗でした。そこからの道はひたすらの暗闇!街灯なんてないアメリカの道、この辺りは町の灯りも当然ない荒野が広がっているので、自分の車のライトとたまにくる対向車線の車だけが先を標す唯一の光源となります。

 

町に着いたのはなんだかんだで21時すぎごろ!ホテルへも問題なくチェックインできてホッとしたのもつかの間、お昼も食べていなかった私たちはお腹ペコペコ。なのに!頼りにしていたマクドナルドは閉まっているし、ガソスタも閉店ガラガラ。私たちのホテルも売店閉まっているし!!

途方にくれた絶体絶命の私たちに助けの手を差し伸べたのは、ハンプトンイン!!!!そう、ホテルって売店ついてるじゃないですか、ダメ元で行ってみたら優しいフロントのお姉さんが、ハンバーガーとスープを売ってくれました。女神!

アメリカの小さな町で私たちのような食料難民になった際は、近くのチェーン系のホテルを当たってみてくださいね。何かしらあるかも! 

ハンプトンインのロビーでいただいてやっと宿泊ホテルに。次の日朝早いので就寝です。

 

いざ、フォレスト・ガンプポイントへ

モニュメントバレーでも人気のフォレストガンプポイントという場所があることを調べてくれた夫。アメリカの歴史をある意味リアルに、”いろんな角度”から学べるこの映画が好きな私にとっては、たまらない場所!

【ちょこっと解説】

フォレスト・ガンプの中でトムハンクス演じる主人公フォレストが突然思い立ったかのように全米を走る旅へ。ずっと3年以上休むことなく走り続けた彼が、モニュメントバレーの岩山へ一直線に伸びるこの道で、走るのをやめることを決めるのです。アラバマにある自分の家に帰ることを決め、来た道を戻る作中でも有名なシーンです。

作品自体にはいろんな賛否がありますが、私にとっては、教科書よりもわかりやすいアメリカ歴史の教材のような存在でもあります。

 明朝、モニュメントバレーの日の出に間に合うように早起き。

いざ、その人気ビューポイントへ急ぎます。

まだ辺りは真っ暗です。

目的地に近づくとほのかに明るくなる地平線。その灯りに照らされた岩山のシルエットが浮き彫りになっていきます。正直この光景ですら感動。

f:id:Sophiemardi:20210725054009j:plain

50分ほどのドライブでフォレスト・ガンプポイントへ到着です。

人気スポットということもあり、ところどころに車も停まっていて朝日が昇るのを待っていました。なんせ外はマイナス10度ほど。みんな車の中で待機です。

f:id:Sophiemardi:20210725054319j:plain

すこーし明るくなってきました。

ちらほら人が出てきたので私たちも意を決して、万全の防寒で外へ出てみます。

f:id:Sophiemardi:20210725054457j:plain

まだ暗い!けどすでにいい景色!

太陽が昇る前でこんな感じでした!岩山へと伸びるまっすぐな道。

車も人も写り込まないように撮るには、来ているみんなの譲り合いの精神があってのものなんです。みんな、謙虚に「あ、たくさんとったから次いいよ」みたいな心の会話の元で綺麗な良い写真が撮れています笑

 

朝日が昇ってきました

ようやく待ちわびた、朝日が!

とたんに上がる気温。この旅でいかに太陽は偉大かを何度も実感することになりました。

f:id:Sophiemardi:20210725054950j:plain

f:id:Sophiemardi:20210725055033j:plain

私たちの影

方角的に太陽は、まっすぐに伸びる道の先の岩山を照らす形になります。

少し照らされた光景はこちらです!

f:id:Sophiemardi:20210725055232j:plain

上の方だけ赤く染められて積もった雪とのコンビネーションがなんとも言えません。

太陽がどんどん昇るとその岩山の表情も変わっていきます。

もう少し時間が経つとこのような感じ!

f:id:Sophiemardi:20210725055432j:plain

圧倒的な自然以外何もないこの光景にただただ感動していました。

辺りは静かで、カメラのシャッター音だけがかすかに辺りに響きます。皆静かにこの光景をただ噛み締める、そんな贅沢な時間がそこにありました。

 

フォレストと同じようにこの道をランしてみたり!(動画もたくさん撮りました)

f:id:Sophiemardi:20210725055900j:plain

同じように走る観光客多数!

みんな考えることは同じでした。

 

かなりの時間滞在し、堪能することができ大満足。

その場所で生き続けているフォレストへ別れを告げ、次の目的地へと向かいます。

f:id:Sophiemardi:20210725060227j:plain

帰り道でようやく朝方真っ暗で見えなかった周辺の光景が明らかに。

こんな荒野のど真ん中を走っていたんだー!と初めて気づかされます。

f:id:Sophiemardi:20210725060345j:plain

天気も良く、モニュメントバレーの風景を楽しむことができた最高のドライブとなりました。

 

さて、まだまだ旅は続きます!

次はインスタ映えで有名なあのスポットに行ってきました。

引き続き楽しんでいただければと思います😁

 

。⌒。⌒。⌒。⌒。⌒。⌒。⌒。⌒。⌒。⌒。⌒。⌒。

 

本日も読んでいただきましてありがとうございます!

こちらのランキングに参加しております。

下のバナーをクリックして応援していただけると大変励みになります★

 にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ